The Roast コーヒービーンズマスタージュニアコース

2021.08.30
  • The Roastのはなし

こんにちは、海ノ向こうコーヒーの鎌塚です。

海ノ向こうコーヒーでは主にデリバリーを担当しています。
毎日何十種類もの生豆に触れ、気になるニュークロップが入るたび自宅の焙煎機で焼いて淹れて飲む、というコーヒー好きにはたまらない環境で働かせていただいています。
色んなコーヒーが好きですが特に古い喫茶店のネルドリップが好きで、焙煎機はフジローヤルの手廻しロースターを使い、家でもネルドリップで淹れている、いわゆる「コーヒーフリーク」です。
フリーク(ちょっと異常なくらい熱中する人)という言葉通り、私は自分の好きなコーヒーを追い求めてはいますが、体系的に学んだわけではありません。
今回は私のような偏った知識のコーヒーフリークが心を入れ替えて(?)、きちんとコーヒーを学ぶのにぴったりのプログラム、「コーヒービーンズマスタージュニアコース」をご紹介します。

 
コーヒービーンズマスタージュニアコースとは?

Panasonicさんの小型焙煎機The Roastを使った通信教育プログラムで、8月からテキスト形式の教材にリニューアルしました。
味覚の鍛錬・強化に最適なプログラムで、「ジュニアーコース」「シニアコース」に分かれています。
それぞれのレベルにあったThe roastの使い方や焙煎による香味の違いに関することを“座学×実技”で効率よく体得することができます。

>  詳細サイト:https://panasonic.jp/roast/beans-master.html

コーヒーのことが書かれた書籍はたくさんありますが、コーヒー豆までセットになっているものはなかなかありません。
「ブラジルの豆はこんな特徴があって~」と書かれていても、実際にあっているかは確かめようがないですよね。
本を読んでも、筆者が飲んだコーヒーと同じコーヒーを飲めるわけではありません。
当たり前のことなのですが、コーヒーを学ぶにあたっては大切なことです。

本プログラムでは教材用生豆として実際に8種類が用意されており、

  1. コーヒー豆の基礎知識
  2. コーヒー豆の風味(産地による違い)
  3. コーヒー豆の風味(焙煎度による風味の違い)
  4. コーヒー豆の風味(焙煎後の変化)
  5. 美味しいコーヒーの淹れ方(抽出方法による風味の違い)

という5つのカリキュラムで構成されています。

コーヒーの豆がどんな風に育っているのか、そしてどうやってつくられているのか、という基本的な知識を身に付けてからThe Roastを使って実際に生豆を焙煎し、カッピングをして産地や焙煎度による違いを、目と鼻と舌で確かめることができます。

教材テキストは一冊、むずかしい言葉はまったくありません。
とてもわかりやすくシンプルな内容ながら、コーヒーに必要な基礎知識が網羅されており、「まだなにもわからないけど、コーヒーのことをもっと知りたい!」という初心者の方から「仕事で関わっているけど、体系的に学びなおしたい」という中級者の方まで幅広い方々にオススメできる、優れたプログラムとなっています。
コーヒーロースターをはじめたばかりの方や、スタッフ育成の教材としての利用したい方にもとてもオススメです。

広くて深い、コーヒーの世界。
このプログラムを体験されたら、きっとその広さと深さが少しみえてきて「もっと知りたい、もっといろんなコーヒーを飲んでみたい!」と、よりコーヒーのことを好きになっていただけるのではないかと思います。

よきコーヒーライフのお供に、お仕事のステップアップに、ぜひご利用ください!
「シニアコース」レビューについては、また後日掲載させていただきます。
 
サンプル評価をしてもらうために、弊社では全ての豆で、200gの小分けも販売しています。お試しください。

今なら、ジュニアコース、シニアコースともに10%OFFでご利用いただけます
クーポン番号:CBM10PER

※Oはローマ字ではなく、数字のゼロです。

※ジュニアコース:3,300円割引、シニアコース:4,950円割引

ご購入ページ >>
The Roast担当者・橋本さんとの対談 >>
産地・買付担当・山本による「The Roast Expert」についての記事 >>

———————————————
株式会社坂ノ途中
海ノ向こうコーヒー事業部
担当 鎌塚
EMAIL: umi@on-the-slope.com
TEL: 050-7111-2209(お客さま窓口)
075-205-5380(代表)
FAX:075-205-5381

〒601-8446
京都府京都市南区西九条高畠町4
海ノ向こうコーヒーPodcast
海ノ向こうコーヒーYoutube
———————————————

PageTop