数字で見る海ノ向こうコーヒー

Social Impact
海ノ向こうコーヒーではスタッフが産地に足を運んで、
農家さんとコーヒーの品質向上に取り組んだり、市場への販路や収入向上をサポートしたりしています。
最近ではどれくらいの産地に対して、どんな取り組みを行っているのかご質問をいただくことも増えてきました。
そこで、海ノ向こうコーヒーに関するあれこれを数字でご紹介します。

※2022年4月現在

事業スケール
累計取扱国

33ヵ国

現地パートナーを介して
生豆を輸入している国

24ヵ国

スタッフが産地に通い、
直接生豆を輸入している国

9ヵ国

現地パートナーを介して生豆を輸入している国

< アジア・オセアニア >
  • パプアニューギニア
  • 東ティモール
  • インド
< 南米 >
  • ブラジル
  • コロンビア
  • ペルー
  • ボリビア
< アフリカ >
  • エチオピア
  • ケニア
  • タンザニア
  • コンゴ
  • ルワンダ
  • ウガンダ
  • サンビア
  • カメルーン
< 北米・中米・カリブ海 >
  • アメリカ
  • ドミニカ共和国
  • エルサルバドル
  • グアテマラ
  • コスタリカ
  • パナマ
  • ニカラグア
  • ホンジュラス
  • ジャマイカ

スタッフが産地に通い、
直接生豆を輸入している国

< アジア・オセアニア >
  • ラオス
  • インドネシア
  • ミャンマー
  • イエメン
  • タイ
  • フィリピン
  • 中国
  • ネパール
  • ベトナム
日本国内でお届けしている生豆
(2021年1月〜12月)

9,728トン

海ノ向こうコーヒーが
つながっている農家さん

60,000

産地のプロジェクトとSDGs
産地で開催したコーヒー
栽培のワークショップ

130

ワークショップに
参加した農家さん

6,000

Myanmar

ミャンマー
ミャンマー

ミャンマーでは、経済発展によって都市部に流出する若者が増えています。彼らに故郷の農村部に残ってコーヒーをつくるという選択肢を届けたい。そんな想いから、現地のパートナーとともに環境に優しい農業・アグロフォレストリーの普及を通じて農家さんのコーヒー栽培をサポートしています。

コーヒー栽培で
収入がアップした農家さん

5,000

アグロフォレストリーに
よって削減できた農薬・肥料

250トン


マイクロミルプロジェクト

マイクロミルを設置している様子

2020年11月にロースターさんからの協賛金で、現地に小さな精製所(マイクロミル)を設置しました。

それまでは、農家さんがコーヒーチェリーを収穫して現地のパートナーが加工を行っていましたが、農家さんがマイクロミルで加工する工程まで担うことでコーヒーチェリーの買取価格がアップして、収入向上につなげることができます。
実際にマイクロミルを設置してから、農家さんの収入は2倍以上に増加。また精製技術を身につけたことで、品質向上に向けた新たな取り組みも広がっています。

プロジェクトによって
設置したマイクロミル

17ヶ所

マイクロミルで
精製した生豆(年間)

15トン

< 関連するSDGs >
  • 1.貧困をなくそう
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう

Laos

ラオス
ラオス

海ノ向こうコーヒーの始まりの地・ラオスでは、焼畑のサイクルが加速したり、ゴムやトウモロコシなどのプランテーションが広がったりと、森林の減少が進んでいました。そこでアグロフォレストリーを用いたコーヒー栽培の普及に取り組み、森を守りながら農家さんが安定した生活を続けられる環境づくりを目指しています。

アグロフォレストリーに
よって守られた森林

80ヘクタール

< 関連するSDGs >
  • 1.貧困をなくそう
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 15.陸の豊かさも守ろう

East Timor

東ティモール
東ティモール

植民地支配などにより、長らく不安定な情勢が続いていた東ティモール。2002年の独立前後から民間企業やNGOが参入して、復興に向けた取り組みとしてコーヒー産業が活性化。その発展に寄与してきたNPO法人ピースウィンズ・ジャパンとともに、日本への流通や販路拡大をサポートしています。

コーヒー栽培で収入が
アップした農家さん

4,000

< 関連するSDGs >
  • 1.貧困をなくそう
  • 2.飢餓をゼロ
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう

Guatemala

グアテマラ
グアテマラ

住宅開発が進み、農園の面積が減少しているフライハーネス。古くから作られてきたブルボン種を守るために「苗木プロジェクト」を立ち上げて、現地の農家さんをサポートしています。

プロジェクトによって
植えられたコーヒーの木

1,250

< 関連するSDGs >
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12.つくる責任 つかう責任

Costa Rica

コスタリカ
コスタリカ

近年の森林伐採によって絶滅危惧種に指定されたジャガーを守るプロジェクトに賛同して、日本国内でもその認知度アップや普及に貢献しています。

生豆の購入を通じて
プロジェクトを応援してくれた人

494

< 関連するSDGs >
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 15.陸の豊かさも守ろう