Coffee

私たちがアジアの国々を訪れ、農家さんや精製所と直接話し合い、品質向上に取り組んでいるコーヒーです。それぞれ味の特徴が異なるので、お好みのコーヒーを見つけてください。

雲南の桃源郷コーヒー
雲南 コーヒー
雲南 コーヒー

雲南の桃源郷コーヒー

熟した桃のような甘さと、果実酒のような芳醇な香りが楽しめるコーヒーです。  コーヒーが植えられている雲南省プーアル市のナンリン山は、色とりどりの花が咲き、スモモの果実がなる、まるで桃源郷のような場所でした。何度も実験を重ね、プーアル茶の発酵方法を応用してこの地域特有の個性的な風味をひきだしました。

熟した桃のような甘さと、果実酒のような芳醇な香り

中浅煎り
中浅煎り
産地 :
中国雲南省プーアル市
標高 :
1800~2050m
精製 :
ナチュラル
品種 :
カティモール、ティピカ、カトゥアイ、パカス
Flavor note
  • peach Pu'er tea

タイのなまけ者コーヒー
タイ コーヒー
タイ コーヒー
タイ コーヒー

タイのなまけ者コーヒー

タイの北部、チェンマイのカレン族が暮らす村から。自給自足を中心とした昔ながらの生活や文化を守り、「僕たちはなまけ者だから」と笑う彼らがつくるコーヒーは、シナモンのようなホッと落ち着く甘みと香りが特徴です。農家さんは、換金作物を大規模につくるよりも、昔からの暮らしを続けたいと、森の中でコーヒーを育てています。「伝統的な生活をずっと続けられるとは思わない。でも外の世界には染まらず、良い中間地点を探したい。コーヒーは、僕たちの村と外の世界をつなぐ窓なんだ」と話します。

シナモンのような甘みと香り、スッキリした後味

中煎り
中煎り
産地 :
タイ チェンマイ タエ村
標高 :
1200m〜
精製 :
ウォッシュド
品種 :
カティモール、ブルボン、ティピカ
Flavor note
  • cinnamon milk chocolate

ミャンマーの庭先コーヒー
ミャンマーの庭先コーヒー
ミャンマー コーヒー
ミャンマー コーヒー

ミャンマーの庭先コーヒー

口当たりのいい甘みと、冷めても続くリンゴのような風味が特徴です。産地のユアンガンでは、農家さんが自宅の庭でいろいろな作物とともにコーヒーを育てています。小規模な農家さんが多いですが、クオリティは非常に高く、さらに現地パートナーであるジーニアスコーヒーさんとともに品質向上のための改善を重ねています。

甘みと苦味のちょうどいいバランス

中煎り
中煎り
産地 :
ミャンマー シャン州ユアンガン
標高 :
1400~1600m
精製 :
ハニー
品種 :
カツーラ、アツアイ、サンラモン、s795
Flavor note
  • honey toast
  • apple
  • smooth

ラオスの森コーヒーバッグ

ラオスの森コーヒーを、コーヒーバッグにしました。ドリップバッグよりもさっぱりと飲んでいだだけます。スペシャルティコーヒーだからこその雑味のないクリーンな味わいもお楽しみください。香りや風味が逃げないよう、個包装しています。
通常のティーバッグのように、お湯を注いで2~3分待ち、全体を混ぜるようにしやさしく揺すって取り出してください。
お湯を注ぐだけなので、忙しい朝にもぴったりです。


バリの湧水コーヒーパッケージ
バリの湧水コーヒー
バリの湧水コーヒー

バリの湧水コーヒー

インドネシアのバリ島、コーヒーの主要産地キンタマーニから少し離れたプラガにあるボン村。
現地で聖なる山と呼ばれるチャトゥール山のふもとから湧き出る綺麗な水で精製したコーヒー豆です。
試行錯誤を重ねて秘伝の方法で生み出した、バナナやパパイヤ、マンゴーなどのフルーツ由来の天然酵母を使用して発酵させています。
柑橘系の酸味とココナッツのようなまろやかな甘み、そして透き通るようにクリーンな後味が特徴です。

柑橘系の酸味とココナッツようなまろやかな甘み

中浅煎り
中浅煎り
産地 :
インドネシア バリ島 プラガ ボン村
標高 :
1,100〜1,300m
精製 :
フルウォッシュド
品種 :
アロブ 単一品種
Flavor note
  • tropical fruits
  • citrus
  • coconuts
  • clean cup

フィリピンのカラサンコーヒー
フィリピンのカラサンコーヒー
フィリピンのカラサンコーヒー
フィリピンのカラサンコーヒー

【売切れ】フィリピンのカラサンコーヒー

カラサンという品種は、 現地では「スイート」と呼ばれ、タラアン・ディグ族の間で愛されてきたアラビカコーヒーです。毎年開催されるオークションは少しずつ話題になってきており、通常の10倍もする値段がつくロットがでるほど。甘みだけでなく、うっとりするほど華やかな香りと味わいは、フィリピンコーヒーの概念を変えたと言われます。

フルーティーな香りと味わい

浅煎り
浅煎り
産地 :
フィリピン ミンダナオ島 ブギドゥノン カラトゥガン山周辺
標高 :
1900m
精製 :
フルウォッシュド
品種 :
カラサン
Flavor note
  • raspberry
  • refined acidity
  • caramel
  • smooth sweet

ラオスの森コーヒー
ラオスの森コーヒー
ラオスの森コーヒー
ラオスの森コーヒー

【売切れ】ラオスの森コーヒー

チョコレートのようなほのかな甘みと、コーヒーらしいしっかりとした苦味を感じられます。ミルクを加えて、カフェオレにするのもおすすめ。産地のロンラン村は、世界遺産の街ルアンパバーンから車で1時間。約70世帯のモン族の人たちが暮らしています。近年、急速に失われつつある豊かな森を守りながらコーヒーを育て、木々の陰でゆっくり熟した⾚い実だけを⼀つ⼀つ丁寧に⼿摘みで収穫しています。

ビターチョコレートのようなほろ苦さとほのかな甘み

深煎り
深煎り
産地 :
ラオス北部 ルアンパバーン ロンラン村
標高 :
800〜1400m
精製 :
フルウォッシュド
品種 :
アラビカ種カティモール
Flavor note
  • bitter chocolate
  • walnut
PageTop