ミャンマー 産地の状況

2021.02.19
  • ミャンマーのはなし
  • 産地の話

産地担当の山本です。

2月10日にアメリカ大統領が、制裁発動を可能とするための承認を行い、

クーデターに関与した軍部幹部や企業関連に制裁を発令。

現地企業では、業務をボイコットし、軍政に抗議する動きが出ている。

医療関係者から始まったとされるボイコット運動CDM (Civil Disobedience Movement)は、全国に広がっている。

そんな状況の中、昨日もミャンマージニアスコーヒーの方とミーティングをしていました。

「どう?元気?」

「大丈夫だよ。いろいろ大変だけど、なんとかやってるよ」

と元気そうな声を聞けてよかった。

今週の月曜日ぐらいからミャンマーコーヒー 産地、ユアンガンでもCMD運動が盛んになり、

コーヒー農家さんも抗議運動に参加しているようです。

まずは農家さんとジニアスコーヒーの皆の安全が第一で、コーヒー生産に臨んでくださいねと伝えました。

また、コーヒー注文量を確保よりも、品質重視でお願いねとも伝えました。

今年は早めに輸出しようかぁ、なんて話していた10日前ぐらいですが、

事態がある程度落ち着くまで待とうね、としています。

早期の解決を望みつつ、今日もミャンマーに想いを馳せています。

僕らにできることは、少しでもミャンマーコーヒーを広めること。

まだ試したことのない方もきっと気にいると思います。

ミャンマーコーヒー 商品情報はこちら

産地の動向でわからないことがあればお気軽にお問い合わせください。
担当 山本
株式会社坂ノ途中
海ノ向こうコーヒー事業部
EMAIL: umi@on-the-slope.com
TEL: 050-7111-2209(平日10:00~17:00)
<京都本社>
〒600-8888 京都府京都市下京区西七条八幡町21

PageTop