おいしい水出しコーヒーの作り方

2019.05.31
  • コーヒーを楽しむ

みなさん、こんにちは。海ノ向こうコーヒーの舛田です。

だんだん、冷たい飲み物が嬉しい季節になってきました。
今回は、暑い日にぴったりな、水出しコーヒーの作り方をご紹介します。

水出しコーヒーとは?

「水出し」とは、コーヒー抽出方法の1つで、お湯ではなく水を使ってコーヒーを淹れる方法です。
「コールドブリュー」「ダッチコーヒー」とも呼ばれています。

まろやかですっきりとした飲み口になるのが特徴です。
カフェや専門店では、水出しコーヒー専用の器具が使われることが多いですが、ご家庭にあるものを使って簡単につくることもできます。

準備するものとおすすめレシピ

準備するものは、
・コーヒー豆
・水
・容器
・お茶パック
です。
「粉1:水10」の比率がおすすめです。
例えば、1Lの水出しコーヒーを作る場合、100gの粉に対して1000g(1L)の水を使います。
お好みで変えても大丈夫です。

[作り方]
①粉を中挽きにする。
②粉をお茶パックに詰める。
③水に、お茶パックに入れた粉を漬け込む。
④冷蔵庫で、7〜8時間冷やしておく。
⑤粉を取り出して、完成。

粉を漬け込む時間を長くすれば、より濃く抽出できますが、10時間以上漬け込むと雑味も出てくるので注意が必要です。

水出しコーヒーに合う豆は?

お好みのコーヒー豆で、ぜひ作ってみてください!
お湯で抽出するのとは、違った味わいを楽しむことができると思います。
水出しでは、マイルドな味に仕上げることができるので、強い苦味や酸味が苦手な方にもおすすめですよ。

今回、海ノ向こうコーヒーのスタッフは、「バリの湧水コーヒー」を使って水出しコーヒーに挑戦してみました!

バリの湧水コーヒー:中浅煎り
1:10の比率で、8時間漬け込みました。

❁スタッフの感想❁
・キュッと酸っぱくなく、酸味のあるコーヒーが苦手な方でも大丈夫そう
・あっさり、飲みやすい!
・さらっと飲める
・爽やかな酸味で美味しい
・後味がすっきりで、甘みもある

バリの湧水コーヒーは、中浅煎りでフルーティな酸味があるコーヒーなのですが、水出しにすると酸味が主張されすぎず、すっきり飲みやすく作ることができました。

他の豆でもぜひ試してみてください♪
▷海ノ向こうコーヒーのコーヒー豆一覧はこちら

もっと手軽に水出しコーヒーを作りたい、という方には「ラオスの森コーヒーバッグ」を使うのがおすすめです。
コーヒーバッグを使った方法は、こちら から。

水出しコーヒーで、暑い夏もおいしいコーヒーを楽しみましょう!

PageTop